目指せ優勝 リーグ戦 ルールとマナー

東京ダーツ協会  競技会規則

この競技会ルールは東京ダーツ協会(以後T・D・Aという)の競技委員会及びリーグ運営委員会において立案し理事会の承認を受けて決定する。

第1項
このルールはT・D・Aが開催する全ての競技会において適用する。
第2項
T・D・Aが主催する競技会又は公認競技会等の開催及び新設等の決定権は 競技委員会及びリーグ運営委員会に帰属する。
第3項
上記第2項により決定された事項は、理事会の承認を受けなければならない。
第4項
T・D・A競技会
T・D・Aで開催する各競技会は、競技委員会が主管運営にあたる。
第5項
地区及びベニュー競技会
各地区、及び各ベニューで開催する競技会は、T・D・Aが主催し、主管運営は開催地区及び各ベニューが行う。
第6項
出場資格選手
全ての競技会において、出場資格選手の決定権は競技委員会に帰属する。
第7項
選手責任
全ての競技会において、選手は自己の責任において競技会に参加しなければならない。
第8項
厳守事項
全ての競技会において、選手は本競技会が認定する主管本部と競技役員の管理と指示に基付いて競技を行わなければならない。
第9項
競技規則
全ての競技会において、選手は別に定める競技規則及びそれに追加された規則を守らなければならない。
第10項
試合の停止
競技委員会は、全ての競技会における選手の重大な違反行為に対し、試合停止の処置を行う権限がある。
第11項
退場
競技委員会は、全ての競技会における選手及び観衆の重大な違反行為に対し、競技会場よりの退場を命ずる権限がある。
第12項
出場資格の停止
競技委員会は、全ての競技会における選手の重大な違反行為に対し、出場資格を一定期間停止する処置を行う権限がある。
第13項
競技規則
別に定める
第14項
ルールの施行
競技会ルールの施行に必要な事項は、別に定める。

東京ダーツ協会  競技ルール

この競技会ルールは東京ダーツ協会(以後T・D・Aという)の競技委員会及びリーグ運営委員会において立案し理事会の承認を受けて決定する。

第1項
用具及び設備
  1. ダーツ…ダーツの矢の長さは30.5cm以内とし、重さは50g以内とする。
  2. 競技会においては、公認ダーツボードを使用しなければならない。
  3. 設置するボードの高さはボードの中心から床までの高さを173cmとする。
  4. ダーツボードの20がトップセンターであり、シングルの色の暗いほうを20とする。
  5. 照明は試合の進行に支障のない明るさを必要とし、投げる時の妨げにならない位置に据え付ける。
  6. スローイングラインはダーツボード面に平行であり、ボード面から垂直線を床上まで引き、その線より237cmの位置にスローイングラインの後端があるように設置する。スローイングラインの長さは、61cm以上にする。
  7. Oche(オキ、ホッケイ、スローイングラインの上に固定する一段高い仕切り板)を設置することもできる。設置する場合、高さ3.8cm以上、長さが61cm以上で、Ocheの後端がスローイングライン後端と一致するように設置する。
  8. 原則としてダーツボードの近くに、投げている選手にはっきり見えるようにスコアーボードを表示する。
第2項
投げ方
  1. ダーツは手で投げること。
  2. ダーツを1本ずつ3本投げ、それを1ワンスローとする。但し3本のダーツ以下でゲームが、またはレッグが終了したときは3本投げる必要はない。また3本を必要としない競技もある。
  3. 試合においてスローイングは対戦相手と交互に行う。また個人戦以外においては各チーム内のスローイング順を守らなければならない。万が一順番を間違えた場合は間違えた時の得点は0点になる。
  4. ボードにささらず、落ちたり跳ね返ったダーツは、スタートを決めるときのミドルスロー及び制限内に終了できない試合のミドル勝負以外は再投できない。
  5. スローイングライン又は仕切り板(Oche)の後端から投げること。それよりも左右両側に出て投げる場合は、スローイングライン又は仕切り板の延長線より後ろから投げることができる。スローイングライン又は仕切り板の延長線より前から投げた場合はそのダーツのみ無効となる。
第3項
得点記録
  1. 一般
    1. 各競技のマーカー及びスコアラーは、トーナメントにおいて主催者の認定した者であり、リーグ戦においては、両チーム主将が承認した者であること。
    2. 最後の矢を投げ終わって、スコアラーが得点を記録するまでは矢はボードにささっていなければならない。
    3. 矢の先端がボードにタッチしていなければ得点にならない。ワイヤーの下をくぐって矢の先端が隣にタッチした場合、矢の先端で得点を決めるのではなく、ワイヤーをくぐり抜ける前のボードの得点をとる。
    4. マーカーが得点を確認するまでは、ボード上の矢に触れてはならない。記録された得点の確認は選手の責任であり、矢を抜いた時点で変更はできなくなる。
    5. スコアーボード上に記された得点数の計算間違いは、次の選手が投げる前に訂正されなければ、間違いのまま進める。
    6. 得点はマーカーによってスコアボードに記入され、マーカーがいない場合は選手によって記入される。
    7. マーカー、スコアラー、コーラーは、選手に得点及び残り点を教えることはできるが、フィニッシュの方法を教えることはできない。
  2. 501&1001競技
    1. ダーツボード上において、ダブルリング(外周のリング)とトリプルリング(内周のリング)の間、又はトリプルリングとシングルブル外周の間の範囲にダーツが入った場合、その範囲の外側に印されている得点となる。ダブルリングに入ったダーツは2倍となり、トリプルリングに入った得点は3倍となる。シングルブルに入ったダーツは25点であり、ダブルブルは50点になる。
    2. ダブルブルでスタート(ダブルスタートの場合)及びフィニッシュすることができる。
    3. その競技大会の規則によって、ストレートスタートかダブルスタートのどちらかに決まる。ダブルスタートでは選手はダブルリング又はダブルブルにダーツを入れなければスタートできない。ダブルスタートした時点より全て得点となる。
    4. レッグまたはゲームを終わらすためには、残りの点の半分にあたる得点のダブルに入れなければならない。
    5. ゲーム又はレッグにおいて、最初に必要なダブルをとってゼロにした方を勝ちとする。またフィニッシュしたあとの得点は数えない。
    6. 競技大会の規則によって301,501,1001その他の01競技レッグが可能である。得点は決められたXX01から差し引かれる。
    7. 選手が残りより多くの得点をした場合、または1点を残した場合、ダブル以外で残り点を0とした場合、バーストになる。バーストの場合は残り点は前回のままになる。
    8. フィニッシュにおいて矢は、マーカーがそれを記録するまでボードに刺さっていなければならない。コーラーがいる場合、フィニッシュにおいては、コーラーがそれを読み上げるまで、またコーラーがいないときはマーカーがそれを記録するまでダーツボードに刺さっていなければならない。
    9. 試合またはゲームは適当な時間で終わるためにダーツ数を制限することがある。
      1. 501ゲームのレッグはリミットを45ダーツ(15スロー)とする。
      2. 競技会規則によって別の制限をつけることは可能である。
      3. トーナメントの決勝戦は原則としてノーリミットとする。
      4. リーグ戦においてチームゲームはリミットを120ダーツ、シングルスゲーム、ダブルスゲームは45ダーツとする。
      5. リミットに達したとき、先にリミットに達した選手又はチームがミドルに1本のダーツを投げ、次にもう一方が1本のダーツを投げる。(ミドルに近い方が勝ち)ダブルスゲーム又はチームゲームにおいては、該当試合出場者の誰が投げても良い。この時ミドルに投げたダーツがオンボードでなければささるまで投げ直さなければならない。それ以外の順番は試合開始のルールを適用する。
      6. ダブルスタートゲームにおいてはリミット以内にスタートをすることができなければ、すでにスタートをしている方の勝ちとする。また、両チーム共リミット以内にスタートが出来ない場合I)5)を適用する。

リーグ戦

第1項
規定
  1. 各チームは主将を選出し、リーグ全チームの主将による主将評議会を組織する
  2. 主将はチームの行為、正確な結果報告、主将会の参加(欠席の時は代理人を参加させる)、ホームチームの会場が適切な設備を保つことを確認するなど、以上の事について責任を 持たねばならない。また試合において主将が出場しない場合は主将代理をおく。
  3. リーグ参加各チームはリーグ戦開始の3週間前までにリーグ戦参加登録し登録料を納めなければならない。登録料の返還は行われないものとする。
第2項
選手
  1. リーグ参加の資格を得るには、各チームの主将がリーグ戦開始の3週間前迄に選手のリストをTDAに登録しなければならない。なお、そのリストには主将を含めてTDA正会員4人以上が記入されていなければならない。
  2. TDAに登録していない選手はリーグ戦に参加することができない。
    又、一人の選手を同時に2つ以上のチームに登録することはできない。
  3. TDA会員以外の資格のない選手が出場した場合、その選手のチーム得点は0となり、なおかつその選手が出場したゲーム数を得点に変え総得点から減点される。対戦した相手チームは影響を受けない。
  4. 選手は1シーズン、1リーグ、1チームのみ参加できる。選手として1度でも試合に参加すれば、リーグ開催中は他のチームに参加できない。但し所属チームがリーグ戦に参加できない事態が生じた場合、リーグセクレタリーの承認に依って他のチームに移籍がみとめられる。
  5. 選手が登録されているチームの試合に一度も参加していない場合、主将同士の了解の上、チームを移籍することができる。この時、元のチームの正会員が4人未満になる場合、そのチームはすぐに正会員の補充をしなくてはならない。
  6. リーグ開催中の選手の追加及び、登録のチームでまだ一度も参加していない選手の移籍はその選手が試合に参加する前までにTDAに登録しなければならない
  7. トライアル会員は該当シーズンのリーグに参加できる。参加をする時はTDA事務局に登録し同時に定められた会費を参加料として主将に預ける。主将はこの会費を1シーズンまとめてTDA事務局へ納める。
  8. 1日会員はリーグ戦の該当日のみ参加することができる。参加をする時は参加するベニューとTDAに登録して定められた会費を主将が責任を持って預かる。主将はこの会費を1シーズンまとめてTDA事務局へ納める。
第3項
日程
  1. 試合日程は各チームがそのリーグ又はディビジョンに参加する全てのチームに対し、ホーム試合とビジター試合を少なくとも1回ずつ行える様作成する。
  2. 試合日程はリーグ運営委員会が作成する。
第4項
ディビジョン
  1. リーグに12以上のチームが参加する場合、ディビジョンに分けなければならない。その場合の分け方は成績順とする。
  2. 各ディビジョンのチーム数はできる限り同数とすること。このことはリーグの期間、試合数、プレイオフを考慮しリーグ運営委員会が決定する。
  3. ディビジョンは下記の項目に従ってチームの昇級、降級等がなされる。
    1. 各ディビジョンの上位2チーム(Aディビジョンを除く)は原則として上のディビジョンに昇級する。そのために成績下位のチームは必要チーム数だけ下のディビジョンに下がる。
    2. ディビジョン数又は、ディビジョン内のチーム数により、4チーム以上が下のディビジョンに降級する場合は、その下のディビジョンから成績上位1チームのみが昇級する。
    3. 各ディビジョンの最下位チーム(最下位ディビジョンを除く)は、どんな場合でもその下のディビジョンに降級する。このために必要に応じて下のディビジョンから、他の成績上位チームが昇級することができる。もし最下位チームが新しいシーズンに登録せずリーグに参加しない場合、この規則は適用されない。
    4. リーグ開催中、リーグ参加を放棄したチームは、次のリーグは一つ下のディビジョンから出場する。
    5. ディビジョンにおいて、チーム数不足の場合はその下のディビジョンから成績上位チームの適数が昇格する。
  4. リーグ新期間の試合日程作成において、初参加チームは前期に参加したチームよりも下のディビジョンに置かれる。初参加チームであるかないかはリーグ運営委員会が決定する。
  5. リーグ終了後、各ディビジョン優勝チームによるプレイオフを行うことがある。
    プレイオフ・チャレンジマッチは基本的にリーグルールが適用される。
    1. 試合の延期、遅延、ゲームの順の変更は認められない。
    2. 先行決めの各ゲームのミドルは、立会人のコイントスにより決定され、各チーム交代で先に投げる。
    3. 試合においてダーツ数の制限はない。
  6. ディビジョン数の増減があった場合は前項目通りに適用されない場合がある。
第5項
試合会場と設備
  1. 各チームはリーグの日時に、使用出来るホームボードを持たなければならない。 又、ホームボードはリーグ運営委員会の承認のみによって変更する事ができる。
    但し変更はディビジョンの他のチームキャプテンに変更通知した一週間後にできる。
  2. 試合場はスローイングラインの中央から61cm以内の場所に立つ選手のスローイングの妨げにならないよう、充分な高さ、幅、奥行きがなければならない。
  3. 試合会場には試合を行うにあたり適当な照明が設置されたボードが少なくとも1面あり、スローイングライン、スコアボードと公認ダーツボードを用意すること。
  4. これらの会場と設備はリーグ開始前にリーグ運営委員会によって承認を得なければならない。
第6項
試合のチーム構成
  1. 1チームの構成人数は4人以上であれば良い。
  2. 試合開始前にそれぞれの主将は選手の出場順を決め、対戦相手の主将とオーダーを交換する。この時リゾルトシートには出場順を全部書くこと。
  3. 試合が始まれば選手の交代は認められないが、やむをえない事情で選手が退場した場合、両主将の了解が得られればこの限りではない。
  4. 試合はリゾルトシートに書いてある順番通り投げる。
  5. 試合において選手は12名まで出場することが出来る。但しチーム戦は4人しか投げる事が出来ない。又、選手は1試合で、チーム戦、ダブルス、シングルスをそれぞれ1ゲームまでしか出場することができない。
  6. 試合成立の最低限チーム構成人数は2人とする。2人の場合チーム戦、2番目のダブルス、3番目と4番目のシングルスは不戦敗となる。3人の場合チーム戦、2番目のダブルス、4番目のシングルスは不戦敗となる。
第7項
時間
  1. 試合開始時間はPM8時とする。但し両主将の了解があり、且つ遅れている選手より連絡が入っている場合は8時半まで待つことができる。
  2. 各ゲームの間隔は5分以内とする。
  3. 試合開始時にメンバーがそろわない場合は出来る試合から行い、それら出来る試合が終了した時点で成立する。
第8項
マッチ
  1. 各試合は次の内容で行われる。
    1. チームゲーム(1001)ストレートスタート、ダブルフィニッシュ
      1レッグ 1試合
    2. ダブルスゲーム(501)ダブルスタート、ダブルフィニッシュ
      ベストオブ3 2試合
    3. シングルスゲーム(501)ストレートスタート、ダブルフィニッシュ
      ベストオブ3 4試合
  2. 試合はチームゲーム、ダブルスゲーム、シングルスゲームの順番で行われるが両主将の同意があればそれを変更することが出来る。
第9項
試合開始
  1. 全ての競技は、対戦する両選手またはチームの代表選手同士が、ホームチームの先攻で1本のダーツをミドルに投げ合うことによって開始される。ダーツがミドルに近く刺さった選手またはチームが、競技または第一レッグを先行する。
  2. ゲームがベスト・オブ・スリーの場合にはミドルに近い方の選手が第一レッグと第三レッグを先行する。相手選手は第二レッグを先行する。
  3. チームゲームおよびダブルスにおいてミドルに投げる選手はチームで決めてよい。
  4. 先行決め及びダーツ数がリミットに達し、センター勝負でミドルを投げるとき、矢がボードにささらない場合はボードに矢がささるまで投げることが出来る。
    なおこのとき先に刺さっている矢が後者の投げた矢のために落ちたときは、両者再投とする。
  5. どちらの矢が中心に近いか、スコアラーが判断し難い場合と、両者 ともシングルブルあるいはダブルブルに刺さっている場合には両者とも再投する。
  6. 1投目の矢がシングルブルあるいはダブルブルに刺さっている場合、2投目を投げる選手はそれを認めて、そのダーツをボードからぬくことを要求できる。
第10項
プラクティス(練習スロー)
選手は自分の出るゲームの前に6ダーツ(2スロー)試投することが出来る。
第11項
得点
  1. 各ゲームの勝利チームに1ポイントが与えられ全ゲーム勝つと合計7ポイントになる。
  2. 4ゲーム以上勝ったチームにはボーナスポイント2ポイントが与えられる。
第12項
結果報告
  1. 両主将はリゾルトシートを作成する責任がある。各選手の氏名はフルネームとTDAの ナンバーをリゾルトシートに明確に記入し、両主将はサインをもってその正確さを証明することとする。
  2. 勝利チームの主将は、試合終了後72時間以内にTDA事務局にリゾルトシートを提出しなければならない。72時間以内に提出の確認がないと勝利チームはその試合より3ポイント減点される。ただし、アウェイチームの主将は自分のホームベニューに結果を報告し、そこにある成績表に記入してもらわなければならない。報告がない場合は罰則が科せられる場合がある。
  3. 72時間を何度か超える、又、何週間もリゾルトシートを送付していないチームに関しては、競技委員会の査定により別途減点点数が確定される。
第13項
優勝
  1. 各リーグ又はディビジョンにおいて最も高いポイントを取ったチームが、そのディビジョンの優勝となる。ディビジョン間のプレイオフがあった場合はプレイオフの 最終勝利チームが優勝となる。
  2. ディビジョン内のプレイオフはホームボード以外の場所で行う。ただし、両チームのホームボードが同じ場合はその場所で行う。
  3. A)、B) についての参加資格は、リーグ戦において該当シーズン2回以上(2週)該当チームで出場した正会員及び、トライアル会員である。1日会員は参加できない。
  4. プレイオフの日時、場所はリーグ運営委員会が決めるが、試合はリーグ終了後1週間以内に行わなければならない。
    もし2つ以上のチームが同点で1位の場合は、リーグ運営委員会は各試合の間か1週間以内にプレイオフ試合の日時、場所、順番を決定する。
第14項
賞等
  1. 賞等はTDAより優秀な成績を収めたチームに授与される。賞状は3位のチームまで授与される。
第15項
試合日程及び会場の変更
  1. 主将相互の合意により、試合日及び試合会場の変更をすることが出来る。変更を申込んだ主将はそのことをベニュー及びTDA事務局に報告しなければならない。
  2. 変更になった試合は、その前の試合以後、その次の試合以前に行わなければならない。
  3. シーズン最後の試合は延期を認めない。
第16項
デフォルト(不戦敗)
  1. 試合開始予定時間を30分経過してもチームの選手が2人揃わない時にはデフォルトになる。(第6項、第9項参照)
  2. 試合日及び試合会場の変更を申し込み、その相手のチームが承知したその日に試合が出来なかった場合最初に変更を申し出たチームのデフォルト負けになる。
  3. デフォルトチームのポイントは0点、相手チームには7ポイントが与えられる。
第17項
退会
  1. リーグからの退会は、リーグ運営委員会が書面による通知を受け取った日をもって行われる。
  2. チームが退会した場合、それがリーグ前半であればそのチームに対する他のチームのポイントは0になり、後半であれば前半のポイントはそのまま残る。
  3. 新しいシーズンに登録しないチームはそのシーズンのリーグから退会したものとみなされる。
第18項
異議
  1. 規則違反に関しての異議申し立ては、主将もしくはその代理人によってのみ認められる。
  2. 上記の異議申し立てはリゾルトシートに記入して提出するか、又はその他の書面をもってリーグ運営委員会に提出しなければならない。
  3. 異議申し立てに付いての判断はリーグ運営委員会が行うがその判断に不服があれば理事会に問題を提出し、全理事の半数以上の賛意を得ればリーグ運営委員会はこれに従わなければならない。
  4. 規則違反の罰則として、違反したチームはポイントの削除又はその試合のデフォルト(無効)、最悪の場合はそのシーズン残り期間リーグから退会させられることがある。個人選手の場合、そのリーグのシーズンの残り期間及びその期間に行われる試合に参加する資格を失うことがある。
第19項
その他
上記以外のルール及びマナーに関してはリーグ運営委員会及び競技委員会の裁定にまかせる。

全ての競技はルール及びマナーを守って参加する。

付則

2007年9月22日
東京ダーツ協会競技会ルール表題を競技会規則に改訂。
競技会ルール第3項試合開始を<リーグ戦>第9項に移項。
<リーグ戦>第7項マッチを第8項へ、第8項得点を第11項へ、第9項時間を第7項へ移項。
第11項から第18項を1項ずつ繰り下げ移項。
規則・ルールに関しては、2007年度中期リーグ戦開始時に施行されている通り変更無し。
文章の整形

ご連絡は下記へ

  • 東京ダーツ協会
  • 〒144-0047
  • 東京都大田区萩中3-18-13
copyright© 2019. Tokyo Darts Association. All right reserved.